人気の資格

業務の内容と注意点について

土地家屋調査士とは、土地家屋調査士法に規定される国家資格を有した不動産調査の専門家です。主に、測量や不動産の表示に関する登記のスペシャリストとして、依頼を受けて土地や建物を測量して図面を作成し、不動産の表示に関する登記の申請に関する手続きを基本的な業務としています。また、法務大臣よりADRの認定を受けて民間紛争解決手続きの業務を代理したり、筆界調査委員として非常勤の国家公務員となり筆界特定制度の手続きを代行することも可能です。最近では、複数人で土地家屋調査士法人を運営し、個人の事務所では対応できないような複雑で大規模な案件に取り組む動きも出てきています。気を付けておく事として、測量知識と法律の両方の知識が必要で、専門性の高い業務となり日々のスキルアップが必要となっています。

土地家屋調査士のメリット

土地家屋調査士の資格を得るには、法務省職員として登記業務の経験を基に法務大臣の認定を受ける以外に、法務省が実施する試験に合格する方法があります。試験には筆記と口述がありますが、口述試験はほとんどの方が合格できる為、実質的な試験対策は筆記となります。筆記試験には午前試験と午後試験があって、午前試験は測量士補などの有資格者は免除となる制度がありますが、午後試験は全員が受験しています。知っておくと良い情報としては、午前試験よりも測量士補の資格が取得しやすい為、一般的には測量士補資格を取得した後に、土地家屋調査士試験を目指しています。土地家屋調査士は独占業務資格であり独立開業がしやすく、平均年収も高いというメリットがあります。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。